Pages

「語学に文法は必要ない、とにかくネイティブと話せ!」という人もいますが、、、あなたが10歳くらいの子供でない限り上達はしません。子供の心をもっていてもダメです!

正しいフランス語文法の勉強方法

 
「語学に文法は必要ない、とにかくネイティブと話せ!」という人もいますが、、、あなたが10歳くらいの子供でない限り上達はしません。子供の心をもっていてもダメです!

では、どのように文法を勉強すればいいのか

簡単な日常会話を丸暗記してから、文法を勉強し始める

のです。

これなら、文法書を読んだ時に、「あのフレーズは、この文法を使っていたのか!」とひらめく瞬間に何度も出会います。

このひらめきこそが知識の定着につながるのです(昔はやった「アハ体験」と同じ)

ので、まずは、文法は気にせず、とにかく文章を丸暗記しましょう。


次に、分かりやすい文法書を1冊だけ完璧にマスターします。

大学教授が読むような難しい本は必要はありません。パッとみ、やる気の出る本を探しましょう。

私のおすすめは文法から学べるフランス語。実践に必要な文法に絞っているので、効率的に学習ができます。


また、英語とフランス語の文法は似ている部分も多いので、英語が分かる方は、英語がわかればフランス語はできる!のような教材で勉強すると、少しは楽です。
 
Copyright ©