Pages

単語を覚えるのは、とにかく退屈です。しかし、絶対に避けては通れない道ですし、語学の土台、底力になる部分です。 単語で短期間で成果を挙げたい場合は、単語帳を使うのが効率的ですが、その際にポイントが二つあります: 右脳で覚える  発音を確認する です。

効率的なフランス語単語の勉強方法

 
単語を覚えるのは、とにかく退屈です。しかし、絶対に避けては通れない道ですし、語学の土台、底力になる部分です。

単語で短期間で成果を挙げたい場合は、単語帳を使うのが効率的ですが、その際にポイントが二つあります:
  1. 右脳で覚える 
  2. 発音を確認する
です。


1番目は、わかりやすく言うと、「フランス語を覚える時に、日本語ではなく映像で覚える」こと。


例えば、une soeurは「姉」のことですが、これを、「une soeur → 姉」 と覚えないで、

こう覚えます:

une soeur → (あなたの姉の顔)

つまり、日本語の「姉」の代わりに、実際に「姉の顔」を思い浮かべるのです。



もう一例:
froid→寒いではなく、 


慣れないうちは、単語を覚えた「達成感」がないかもしれません。しかし、これを続ければ、言いたいことを日本語に置きかえずに、直接フランス語で言えるようになります。

これが実は、某語学教室が売りにしていた「赤ちゃんと同じ仕組みで言葉を覚える」学習法です。


単語帳に、CDがついていればこの作業が簡単に出来ます:


CDでフランス語が読まれるとき、をイメージしながら、声に出して音読しましょう。後に日本語が読まれれば、答え合わせに使ってください。


この学習法が使えるの単語帳が:フランス語聴くだけのラピッド暗記単語帳 基礎編[CD]発展編(CD付)


また、いずれ仏検を受ける方は、仏検 準1級・2級必須単語集または、仏検 準1級・2級必須単語集 で勉強すれば、試験勉強にもなり、一石二鳥です。



 
Copyright ©